Cytoscape2.3 その他の新機能

若干リリースが遅れておりますが、週明けにはウェブの方に新バージョンをアップできると思います。
2.3では前記の主な新機能に加え、細かい修正、機能の追加なども行われています。

  • XMLファイルでのデータのインポート、エクスポート
    • XGMML というグラフ表記のためのXMLフォーマットを採用し、SIF, GMLといったフォーマットよりも遥かに複雑なネットワークを記述できるようになりました。これには、次期バージョンより正式にサポートが行われるサブネットワーク(ノードの中にネットワークを含む、階層的なネットワーク)のセーブやロードも含まれます。
    • ネットワーク情報に加え、ノード、エッジ、ネットワークに対するアトリビュートをひとつのXML文書として扱えるようになりました。
    • ネットワーク名やデータソースなどの、ネットワークに対する一般的なメタデータを、RDFとして標準でサポート
  • コマンドラインの改良
  • GO Termとアノテーションをインポートする機能周辺の改良
  • 複数のグラフを統合するプラグインを標準でサポート
  • メニューをより直感的に理解できるように再構成
  • ノード、エッジの色とブラウザ内でのセルの色を同期
  • ブラウザ内でセルを選択する事により、ネットワーク内での選択を絞り込む事が可能。

この他、細かなバグ取りなども行われています。レンダリングの速度や、セッション単位のセーブ・ロードに加え、これらの改良により、使い勝手は以前よりかなり向上していると思いますので、もうすでにユーザーの方も、まだ使った事が無い方も、是非お試しください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中