Cell Circuits


Cytoscapeなどでネットワーク解析を行い、最終的にモジュールを発見したあとはもちろん論文にして発表するわけですが、今日の生物学では、そう言ったアウトプットをデータベース化し共有して行き、またそのデータから新たな発見が生まれる、と言うのが一般的です。
そんなアウトプットの一つの例としてCell Circuitsがあります。
読んで字の如く、生体内の機能的モジュールを回路に見立て、既知の「回路」をクエリに基づいて表示するウェブアプリケーションです。
サーチ結果のSIFリンクをクリックすれば、すぐにCytoscapeで読み込めますので、一度使ってみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中