STRINGデータベース

string_yeast.jpg
前回はアウトプットの一例としてCell Circuitsを紹介しましたが、今回はその逆で、入力に使うデータベースの一例としてSTRINGを紹介します。
このデータベースでは、タンパク質相互作用を網羅的に収集してあるだけではなく、それを洗練されたインターフェースからサーチすることも出来ます。また、Downloadのリンクから、ネットワーク、シーケンス、アノテーションなどのデータを一括ダウンロードすることも可能です。
(上のスクリーンショットは、STRING内の全ての酵母に関するインタラクションをCytoscape2.5で表示したもの。およそ5600タンパク質、40万のインタラクション)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中