Cytoscape 2.6の新機能: ウェブサービス・クライアントマネージャ


Cytoscape 2.6の開発も佳境に入ってきました。今回は大幅なユーザーインターフェースの変更などはなく、小さめの新機能をいくつか取り入れると言った感じになっています。その中でも比較的大きいのは、各種ウェブサービスへの接続を可能にするウェブサービス・クライアント・マネージャです。基本的に、各種ウェブサービスへのクライアントをラッピングしてCytoscapeに取り込むシンプルな機能なのですが、いくつかのデータベースへの接続をデフォルトでサポートします。上の例は、IntActデータベースへ接続して、クエリをもとに自動的にネットワークを生成するクライアントです。この他にも、NCBI Entrez Gene, Biomart, UniProtKBなどへ接続してデータ(ネットワーク、アトリビュート)を取って来る機能を標準でサポートします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中