Cytoscape 2.6.0の新機能 1: Web Serviceクライアントマネージャ

Cytoscape 2.6.0から、各種Webサービスヘの接続を監理する機能が付きました。メジャーなデータベース、例えば、NCBI Gene、BioMartといったものは、外部にAPIを公開していて、そこへアクセスするプログラムを作製することにより、容易にデータを取得することが出来ます。今回のリリースでは、NCBI Gene, Pathway Commons, IntAct, BioMart, PICRをサポートしました。これにより、各種ネットワークデータやアノテーションを上の例のようなユーザーインターフェースを使い、簡単にインポートすることが可能です。
英語ですが、簡単な解説はこちらにありますので、ご一読下さい。
http://www.cytoscape.org/cgi-bin/moin.cgi/SampleWebServiceClients
http://www.cytoscape.org/cgi-bin/moin.cgi/WebServiceWorkflow
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中