Google Social Graph APIでTwitterを可視化するJavaScriptのアップデート版

Google Social Graph APIでTwitterを可視化するJavaScriptを先日書きましたが、何が役に立つのかよく分らないと思いますので、少しだけ書き直しました。followしている、されているの関係もアトリビュートとして取りこまれています。各ページへは、アトリビュートブラウザのURLをクリックしていただければジャンプできます。その引っ張って来たデータを元にした可視化の一例が上の図です。ハブが誰かよく分ると思います。
オリジナル画像は、ここここにあります。スクリプトはこのページの下の方にあります。
汚いコードなので真似しないようにお願いします(笑)。要するにスクリプトなら汚くても、データをネットから引っ張って来るくらいはすぐに出来ます、と言うことです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中