Cytoscape 3とOSGi + Spring Framework

Cytoscapeは、現在メジャーバージョンアップ作業を始めたところで、次期バージョンの3では、大幅な設計の変更が行なわれます。そこではOSGiという技術を使うのですが、なかなか分かりにくい分野でもあるため、少しずつチュートリアル的なドキュメントを整備していこうと思います。こちらの方に書きためて行き、いずれしっかりとまとめたいと思います。ここを理解しないと次のバージョンではプラグインを書くのは困難になりますので。
ただ、この技術を使うことにより、CytoscapeのプラグインをRuby等で書くことも可能になります。そのあたりの仕組とやり方も徐々に書いて行きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中