Cytoscape + Ruby, Python, JavaScript and Groovy

Cytoscapeでは、今後Javaによるプラグイン開発以外にも、スクリプト言語による自動化やプラグイン開発をサポートする予定です。現段階でも、以下のスクリプト言語をサポートしています:

  • Ruby
  • Python
  • JavaScript
  • Groovy

Cytoscape 2.6.1用のプラグインとしていずれも公開していますので、ちょっとした作業の自動化などに使ってみたいと言う方は、ぜひお試しください。以下のサイトにてサンプルなどを公開しています:

Rubyのプラグインには、予めBioRubyも組み込んでありますので、すぐにKEGG API等をCytoscapeのAPIと組み合わせてご利用いただけます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中